ドイツ戦車

1/144 パンター中戦車 - 起死回生のドイツ主力戦車 –

大戦後期のドイツ戦車の中でも、コストパフォーマンスに優れていたV号戦車パンターです。パンター中戦車は人気が高く、1/144サイズでもワールドタンクミュージアム、マイクロアーマーをはじめ、多くの模型が販売されてきました。

ドイツの主力戦車はⅢ号戦車、Ⅳ号戦車と続き、最後の主力戦車となったのがⅤ号戦車パンターです。同時期の連合軍主力戦車と比較しても、走・攻・守優れていて、バランスのとれた性能でした。

1/144 V号戦車パンター中戦車

かつてワールドタンクミュージアムやマイクロアーマーといった大手が販売していたこともあり、1/144(144分の1)サイズは中古ショップでも比較して見つけやすいと思います。(ただ、そもそも最近は1/144戦車それ自体が手に入れにくいため、棚自体がないかも、、) ドイツの主力戦車だったため、僕は多く集めてずらっと並べることで楽しんでいました。^^

1/144サイズの V号戦車パンター中戦車 購入情報

1/144 塗装済み完成品

ワールドタンクミュージアム製

品質は非常に高く、塗装もはがれにくいためおすすめです。ものによっては値段もそこまで高価ではないので、ずらっと並べたい方には必見です!
この記事のトップ画像もワールドタンクミュージアム製です。品質が良い一方、発売中止から10年経っているので値上がりが懸念。。

アトリエインフィニティー製

アトリエインフィニティーではパンターと派生型を販売しています。

塗装済み完成品と、塗装なしキットの両方を販売されています。
特に、塗装済み完成品はキットのフォルム、塗装品質と申し分がなく、これまで見てきた1/144サイズの中でも1、2を争うほどの品質だと思います。
お金があれば同じ種類の戦車をずらっと並べ、戦車師団を作りたいですね!

・1/144 パンターG型

・1/144 パンターD型

・1/144 パンター55mm 2連装対空砲

・1/144 パンターⅡ

その他海外製
Perfk コレクション 1/144スケールタンクモデル

V号戦車パンターの性能(スペック)

同時期の連合軍主力戦車と比較しても、走・攻・守優れていて、バランスのとれた戦車でした。特にアメリカのM4中戦車では、正面から対抗することは非常に難したかったと言えます。

火力 :★★★★☆
防御力:★★★★☆
機動性:★★★☆☆

火力

主砲の75mm戦車砲は、Ⅳ号戦車の75mm砲とよりも大幅にアップグレードされています。
2,000mで102mm、1,000mで143mmの装甲を貫通することができました。これは2,000mからでも連合軍主力戦車を撃破するに十分な火力で、1,000mであればソ連のIS-2重戦車(スターリン重戦車)も撃破可能でした。このように、敵主力戦車だけでなく、重戦車までも撃破できる攻撃力をもっていました。

防御力

G 型であれば最大110mm(130mm版もある)の装甲厚でした。これはソ連のT-34-85であれば500mまで近づかないと撃破できず、アメリカのM4であれば高速徹甲弾である100m以内の射撃でないと太刀打ちは不可能です。正面から撃破することは難しいため、戦術を駆使し、側面から攻撃する必要がありました。

機動力

速度は、整地で45 – 55 km/h、不整地であっても27 – 33 km/hを出すことができ、主力戦車としては十分な機動性といえます。

V号戦車パンターの戦歴

1943年に生産が開始されていますが、開発の経緯としては、1941年初期の独ソ開戦時まで遡ります。1941年のソ連侵攻当時、ドイツでは”T-34ショック”が発生しました。これは、ソ連のT-34中戦車という、ソ連軍新型戦車に対してドイツ陸軍の主力戦車であったIII号戦車・IV号戦車では太刀打ちができず、大きな被害を受けたことでドイツ側に大きな衝撃を与えたことを言います。
特に、戦車の専門家であったハインツ・グデーリアン上級大将はT-34中戦車に対抗できる新型戦車の開発を早急に進めることと軍に進言し、軍需産業代表による調査団を送ってT-34中戦車を調査することを要請したほどでした。

1943年にパンターは生産が開始され、デビュー戦は世界最大の戦車戦が起きたクルスクの戦いでした。その規模はすさまじく、独ソ両軍合計6,000両以上に及ぶ戦車戦が繰り広げられました。当時新型だったパンター戦車はなんとかその間に合わせるために参加しましたが、調整が済んでいない機体も多く、機械故障の続出で十分には活躍できなったそうです。

ただ、そのパンターも不良の修正を重ねていき、十分に戦火を出すようになると、ソ連では重点攻撃目標として指定されるほど恐れられるようになりました。(ちなみに、ソ連に鹵獲されたパンターはソ連兵によって好まれて使用されたようです)

西部戦線でも、まず米軍の戦車ではパンター戦車と正面から対峙することはできませんでした。ただ、性能ではパンターには劣っていても、航空優勢や、ドイツ軍の練度が低くなっていたこともあり、物量と戦術で戦いに有利に進めていきました。

<パンター戦車D初期型>

全長:    8.86m
車体長:   6.88m
全幅:    3.43m
全高:    2.95m
全備重量: 43.0t
乗員:    5名
エンジン:  マイバッハHL210P30 4ストロークV型12気筒液冷ガソリン
最大出力: 650hp/3,000rpm
最大速度: 55km/h
航続距離: 169km
武装:    70口径7.5cm戦車砲KwK42×1 (79発)
7.92mm機関銃MG34×1 (2,500発)
装甲厚:   16~100mm

<パンター戦車G型>

全長:    8.86m
車体長:   6.88m
全幅:    3.43m
全高:    2.98m
全備重量: 44.8t
乗員:    5名
エンジン:  マイバッハHL230P30 4ストロークV型12気筒液冷ガソリン
最大出力: 700hp/3,000rpm
最大速度: 55km/h
航続距離: 177km
武装:    70口径7.5cm戦車砲KwK42×1 (82発)
7.92mm機関銃MG34×2 (4,200発)
装甲厚:   16~110mm

他の戦車