イギリス(英国)戦車

1/144 クロムウェル巡航戦車

クロムウェル巡航戦車はイギリス軍が開発した巡航戦車で、総生産台数は約3,000両。大戦中~後期に対ドイツ戦で活躍しました。イギリスが”巡航戦車”の名前をつけた戦車は比較的高速なものが多いですが、クロムウェル巡航戦車も多分に漏れず高速(51.5km/h)な巡航戦車でした。

1/144 クロムウェル巡航戦車

写真はPanzerDepot製です。塗装済完成品で、ボルトの形式等細部まで形が再現されていて個人的にはお気に入りです。

クロムウェル巡航戦車の性能(スペック)

簡単にスペックを表すと次の通りです。
ノルマンディー以降のイギリス軍の主力戦車はアメリカ製M4シャーマン中戦車であり、クロムウェル巡航戦車の性能ではドイツ軍と戦うには不十分でもあったため、快足を活かした偵察戦車として活躍しました。
火力 :★★★☆☆
防御力:★★☆☆☆
機動性:★★★★★

火力

クロムウェル巡航戦車では、アメリカのM4シャーマン中戦車同様、75㎜砲が搭載されました。この75mm砲の威力としては、射距離1,000mで84mm(8.4cm)、2,000mで66mm(6.6cm)の装甲を貫徹できる程度でした。これは当時のドイツ軍の主力であるⅣ号戦車であれば1,000mで撃破可能、パンター中戦車やタイガーは貫通は不可能でした。

防御力

クロムウェル巡航戦車の最大装甲厚が砲塔で64+12.7mm(7.67cm)、車体で64mm(6.4cm)でした。ドイツ軍のパンターやⅣ号戦車の主砲だと、2,000m先からでも貫通される程度で、ドイツ軍相手だと不十分でした。(ただ、追加装甲も入れると装甲の最大厚は102mmまで拡張できたようです。)

機動力

クロムウェル巡航戦車は機動力であれば当時世界最速レベルの51.5km/hでした。しかも、この速度はサスペンションの寿命延長のため調整をされており、調整を外すと最高時速は64.3km/hを発揮することができました。

クロムウェル巡航戦車の性能詳細

クロムウェルMk.IV巡航戦車

全長:    6.3m
全幅:    2.9m
全高:    2.4m
全備重量: 27.9t
乗員:    5名
エンジン:600馬力
最大速度: 51.5km/h
航続距離: 278km
武装:    36.5口径75mm戦車砲
        7.92mmベサ機関銃
装甲厚:   8~76mm

クロムウェル巡航戦車の戦歴

クロムウェル巡航戦車の実践参加として有名なのは、ヴィレル・ボカージュの戦いです。イギリス軍機甲師団が、ドイツ軍のエースヴィットマンからの攻撃を受け大損害を受けた戦いです。

フランスの街、ヴィレル・ボカージュで休憩していたイギリス軍機甲師団(約半数がクロムウェル巡航戦車)に対して、ヴィットマンの以下有名なセリフがあり、
砲手「彼らは既に戦闘に勝ったと思っているのでしょうか?」
ヴィットマン「そうらしい、では教育してやるか」

そのセリフの後、ヴィットマンは、ティーガーⅠ重戦車1輌で、イギリス軍戦車12輌、装甲車15輌を破壊。イギリス軍は全体で戦車、装甲車あわせて約60輌もの損害をだし惨敗。連合軍の今後の攻略作戦に大きな影響を与えました。

1/144サイズのクロムウェル巡航戦車

1/144 塗装済み完成品

アトリエインフィニティー製 

アトリエインフィニティー製では塗装済み完成品と、塗装なしキットの両方を販売されています。
特に、塗装済み完成品はキットのフォルム、塗装品質と申し分がなく、これまで見てきた1/144サイズの中でも1、2を争うほどの品質だと思います。
予算があれば同じ種類の戦車をずらっと並べてみたい。。。

・1/144 クロムウェル巡航戦車

・1/144 クロムウェル巡航戦車(ヘッジロー)

・1/144 クロムウェル巡航戦車(95mm支援砲装)

1/144 塗装なしキット

アトリエインフィニティ製

塗装なしキットも販売されています。自分で塗装をしたい方にとってはおすすめです。

・1/144 クロムウェル巡航戦車

・1/144 クロムウェル巡航戦車(ヘッジロー)